ニードル脱毛について

ニードル脱毛の効果とは?

現在主流のフラッシュ脱毛やレーザー脱毛がメラニンに反応する特殊な光を用いて脱毛を行います。

 

対してニードル脱毛は毛穴に極細の針を差し込み、そこから流れる微弱な電気で毛根を攻撃する方法です。

 

光を用いた脱毛の場合、毛が成長期であることや色が濃い毛であること、肌トラブルを起こさないためにも日焼けをしていないことが脱毛を上手く行うことの条件になりますが、ニードル脱毛の場合色素が薄い毛や細い毛にも効果があります。

日焼けや色素沈着で肌の色が黒くなっている個所

でも問題なく施術できるので、季節や肌の状態をあまり選ばず脱毛ができて便利です。毛穴1つ1つに対して処理が行えるので、永久脱毛としての効果も高いと言われています。

 

最大のデメリットは強い痛み

アンダーヘアなど完全に脱毛するだけではなく、形を整えたい場合など、細かな処理が行えるのもニードル脱毛の特徴です。このように非常にメリットの多いニードル脱毛ですが、

他の脱毛方法に比べると非常に痛みが強い

のでクリニックでは軽い麻酔をかけてもらうこともあるそうなのです。特に痛みを最低限まで取り除けるよう考えられている最新の脱毛方法と比べると、やはりかなりの痛みがあると考えた方がいいでしょう。

 

その変わり効果は確かですが、処理する毛穴の分だけ痛みは生じますし、広範囲をまとめて処理できる方法とは違い時間もかかります。

 

技術的にも高度になるため、施術スタッフの手腕によっては時間が経っても赤みが消えない、またはかさぶたができてしまうなどのトラブルも起きやすく、単価も上がると言うのがニードル脱毛のデメリットです。

 

ただニードル脱毛は基本的にクリニックで行われるので、何かトラブルがあればすぐに相談できるという安心感はあります。

 

このような特徴から広範囲の部分はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛で、処理しきれなかった細い毛や細かな部位、色素沈着などで上手く効果が現れなかった部位などはニードル脱毛というように、使いわけながらの脱毛が賢い方法かも知れませんね。