毛周期によるワキ脱毛の効果とケア方法

脱毛クリニックや脱毛サロンでは基本的にいつでも施術を受け付けており、また薬局などでも一年中脱毛グッズが販売されています。

 

しかし、本当に効率的に脱毛を行いたいなら、「毛周期」という概念を頭に入れた上でスケジュールを組むべきでしょう。

 

両ワキ脱毛の場合もまた然りです。毛周期とは、人間を含めた動物の体毛が生え変わるサイクルのことを指します。

 

猫や犬のような動物そして鳥類には換毛や換羽がありますが、人間にも似たようなものがあるのです。

 

そして人間の場合具体的には成長初期、成長期、退行期、そして休止期の4つのステージから成り立っています。

 

脱毛エステサロンや脱毛クリニックでは、毛周期の中でも成長期を狙って施術のプランを組むようにしています。ムダ毛が成長しお肌の表面に出ている成長期にアプローチをすることで、

 

最も効率的で無駄のない脱毛の施術が可能

 

になるからです。それにサロンやクリニックの施術ではフラッシュやレーザーなどの強い光や熱を照射するため、お肌にダメージを与えてしまいます。

 

このダメージを最低限に抑制するためにも脱毛をタイミング良く行い、回数を減らさなければならないのです。家庭用脱毛器やシェーバー、毛抜きを使って自己処理をする場合でも同じことが言えるでしょう。

 

必ず成長期に処理を行ってお肌への負担を軽くして挙げましょう。両ワキは以外にもデリケートな場所であり、間違ったケアをすると

 

黒ずみや毛嚢炎の原因になってしまう

 

こともあるので、的確に丁寧にケアをするようにしましょう。ケアの仕方についてですが、毛周期を考慮した脱毛の施術や自己処理は、賢い脱毛を行う上では必須事項です。

 

しかしそれと同じように、施術や自己処理をした後のケアも怠らないようにしましょう。

 

フラッシュやレーザー、またはカミソリの刃などのダメージを受けたお肌は乾燥しやすくなっているので、なるべく無添加の保湿クリームを塗ってあげると良いでしょう。