毛嚢炎の原因とケア方法

カミソリや毛抜きなどでムダ毛の処理をするときに注意するようによく言われるのが、毛嚢炎(もうのうえん)です。

 

普段は耳にすることのない言葉ですが、脱毛を始めるにあたっては大変重要なキーワードですので覚えておきましょう。

 

まず、毛嚢炎とは何かを理解しましょう。

 

毛嚢炎とは、ワキなどの汗をかきやすい部分に発生しやすい、赤くプツプツとした起伏のことです。

 

場合によっては中に膿がたまっていることもあります。多くの場合は自然に治癒していき、痛みやかゆみなどは感じられません。

 

ただし、見た目を重視するならしっかりと対策し、毛嚢炎ができないように配慮しておいた方が良いでしょう。毛嚢炎が発生する原因にはいくつかありますが、脱毛をする上で気をつけたいのは次の2つです。

 

1つはカミソリや毛抜きによるもの、そしてもう1つはストレスからくるものです。シェーバーや毛抜きを使ってムダ毛の処理をすると、毛穴を著しく傷めてしまうことがあります。

 

そのときに雑菌(ブドウ球菌)が毛穴の内部に入り込み、

 

炎症を起こすのが毛嚢炎という症状

 

です。多くの場合はワキなど汗をかきやすい部分に発生するのですが、ヒゲ剃りを繰り返した後の男性の顔の肌に毛嚢炎が起こるケースもあります。

 

また、ストレスや食生活の乱れによる肌のコンディションの悪化も毛嚢炎の発生要因となるので、注意が必要です。では、毛嚢炎への対策についてです。

 

毛嚢炎は基本的には自然に治っていきますが、あまりにも目立っていたり、また痛みやかゆみを伴ったりした場合には薬を処方されます。

 

また、普通のシェーバーの代わりに電気シェーバーを使用する、汗をかきやすい時期にはこまめにシャワーをしてお肌を清潔に保つ、石けんなどはきれいに洗い流す、

 

食生活の改善、ストレス解消など事前にできる対策

 

もたくさんあります。毛嚢炎は女性だけでなく男性にも表れる症状ですので、男女ともに入念なケアをしていきたいものです。