脱毛の自己処理と肌トラブルの因果関係について

カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたり、ムダ毛の自己処理にはいろいろな方法があります。

 

最近ではワックスや家庭用脱毛器などを使って、自分で全身の脱毛をする人も増えています。

 

しかしそれと比例して肌トラブルを起こす方が多くなっているそうです。

 

脱毛を自己処理で行った場合、お店で行う脱毛とは違いケアの方法が自己流であったり、正しい知識がないことが原因で肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

 

例えば肌トラブルで起こしやすいのが「埋没毛」です。これは毛抜きやワックスで無理やり毛を抜くことで毛穴周辺が傷つき、その部分の角質が固く、厚くなることで起こります。皮膚の中で毛が育ってしまうため毛穴が黒ずみ、そしてブツブツの状態になってしまうのです。

 

これは保湿や角質のケアである程度は防ぐことができますが、やはり肌に負担をかける事には変わりありませんので、毛を抜く処理をしている方は注意しましょう。そしてもう1つ、

 

トラブルを起こしやすいのが家庭用脱毛器

 

を使う方法です。家庭用脱毛器にも色々な種類がありますが、中でも光を使うタイプは正しく扱わないと肌トラブルに繋がってしまいます。

 

光を使うものは、基本お店で受けられる脱毛と同じ原理で行われるものです。特別な技術がなくても扱えるように出力は弱くなっていますが、普通に抜いたり剃ったりするよりも

 

脱毛の効果は高い

 

と言われています。しかしメラニンに反応する特性から、注意事項をしっかり把握しないまま日焼けした状態の肌に使用し、余計や痛みや肌の炎症を引き起こす方もいらっしゃいます。

 

本来であれば毛根に向かうはずの光が、日焼けしてメラニンが多くなった肌表面に分散されてしまうのです。また、急ぐあまりに脱毛器を使いすぎて、肌荒れを引き起こす可能性もあります。

 

使い方に決まりが設けられていますので、しっかり使用方法を確認することがオススメです。このように自己処理で肌を傷めてしまうこと、そしてケアを怠る事で肌トラブルを招きます。

 

自己処理をする場合は正しい知識を身に着けてからする方が安心ですね。