ワキ脱毛とニオイ・ムレの関係

ワキ脱毛を検討する女性の中には、ワキガや両ワキのムレの症状の軽減を考える方も多いと思います。

 

しかし、「両ワキ脱毛をするとワキガが治る」という通説がある一方で、専門家や医療関係者からは疑問視されているので、注意が必要です。

 

脱毛するとワキのニオイが軽くなるのでしょうか?一般的に「ワキのニオイ」と称されるニオイには、両ワキのムダ毛に汗や雑菌といった汚れが付着することにより発生するものも存在します。

 

そのため、両ワキを脱毛することにより独特の悪臭を軽減することは確かに可能なようです。

 

しかし、中には両ワキを脱毛したことによってワキのニオイがもっと気になるようになってしまった、というケースもあります。その理由は、脱毛によって

 

ワキガの根本的な原因を解決できるわけではない

 

ということにあります。ワキガの発生原因には遺伝や生活習慣、ホルモンバランスなどの様々な要因が隠れているため、脱毛のような付け焼刃で解決できるようなものではないのです。

 

また、脱毛の施術の影響で汗腺が刺激され、発汗量が増えたり、汗のニオイがきつくなったりしたとも報告されています。

 

さらに、脱毛が完了して無毛状態になると、汗を受け止めるためのクッションが失われ、衣服にどんどん流れてしまいます。脱毛した後の方がする前よりも汗ジミが多いという悩みもよく聞かれます。

 

そし、てムレは解消できるのでしょうか?脱毛とワキガには明確な関連性がないため、脱毛することによってニオイを解消するのは正直難しいところです。しかし、ワキの下に汗がたまることによって

 

発生する汗ムレは両ワキ脱毛により解消することが可能

 

です。その理由は、ムダ毛がなくなることによって両ワキが清潔になり、空気が通りやすくなる分、ムレが発生しにくくなるためです。

 

ただ、かいた汗が衣服にほぼ全て流れて行ってしまうため、衣服の汗ジミや黄ばみといった悩みもあります。塗るタイプの制汗剤をしっかり塗って対策することをおすすめします。