国や文化で違う脇毛処理の事情

 

私達日本人からすれば、脇の毛の処理は当然のことです。


特に薄着で露出をする季節になれば、綺麗にムダ毛を処理するのがエチケットです。しかし、同じ脇毛でも国や文化が違うと処理の事情が異なります。ここでは日本人が驚愕するような各国の事情をまとめてみました。アフリカやカリビアンの国々がありますが、

 

 

黒人は欧米人やアジア人に比べると毛の質が硬いです。


そのため、不快感が伴いやすく、匂いも気になるという人が多いです。多くは女性だけではなく、男性でも脇毛の処理をする人が多くいます。また自己処理には、シェーバーを使った脱毛方法が多く選ばれています。

韓国や日本人の脇毛の処理事情

アジアの中でも、韓国人や日本人は脇毛の処理率が高いです。処理方法は、シェーバーやエステでの脱毛などが一般的となっています。一方で、中国人女性は脇毛を剃らないことが有名な人種となっています。たとえ薄着で脇を露出する場面でも、

 

 

気にせず脇毛をあらわにする女性も多くいるのです。


ヨーロッパや北米など、白人女性は色素が薄くムダ毛が薄い傾向があります。そのため、脇毛をはじめとしたムダ毛の処理をしない人も少なくはありません。但し、一昔前までは脇毛を全く剃らない人が大多数といわれていたような

 

 

イタリアやドイツなどの国々は事情が変わりつつあります。


現在では文化が入り混じり大部分の人が処理をしていると言います。色素の薄い多くの人が選ぶのがシェーバーやワックス脱毛となっています。日本人にとって、処理したいムダ毛ナンバーワンともいえる脇のムダ毛ですが、

 

 

国によって全く処理をしなかったりするなんて驚きです。


現在は国際化によりお国柄も少しずつ薄まっています。例えば少し前まで、全く処理しないなんていわれていたような国々でも今ではきっちりと脇のムダ毛を処理をするのが当然になりつつあります。現状では何処の国に旅行をしても処理をしておくべきですね。